オーストラリアの住宅事情

オーストラリアの家といえば、普通の家でも広い部屋に広い庭付き、ちょっとリッチな家ならプールも付いているイメージじゃないでしょうか?8

確かに日本と違い、広大な土地の割には人口が少ないですから、このイメージは間違ってはいないとは思います。
しかし、古い家はともかく、オーストラリアで建てられている新しい家を見てみると、大きさは違えど日本の住宅街そっくりなんですよ。

私たちは、マイホームを探していますので、いろいろな土地に足を運びます。
その中で、新築の家が集まる新しい街を見て愕然とするのです。

なぜなら、新築の家はどの家も広い庭を持たず、土地ギリギリまで家が占めているため、お隣の家同士もくっつく造りなのです!
これって、狭い日本の家ならともかく、わざわざオーストラリアで建てる様式ではないのでは?っと首をかしげてしまいます。

この原因の一つは、どうやら最近の家族は、広い庭を望まないそうなんです。
なぜなら、広い庭を持つと、芝生や庭の手入れに手間がかかるからです。

また、もし犬を飼いたいとなっても、室内犬を飼えばいいわけで、庭があることを、ほとんど重要視していないんですね。
一方で、家が広ければ、部屋やバスルームが充実しますし、余った部屋には、お客さんも呼べます。

あるいは、家賃や家のローン返済を手伝ってくれる留学生をホームステイさせる手だってあるわけです。
というわけで、この手の住宅を好んで購入するのは、決まって中国人なのだとか。

彼らにとっては、自国の住宅事情に比べれば、オーストラリアの住宅は、格段に素晴らしく、庭がなくても、隣と近くても、全然問題ないのだそう、むしろ、実用的で良いとすら思っています。

なので、新築の家が集まる新しい街は、中国人家族が多いんですよ。

一方、古い家でも、建て替え時には、庭をつぶしてしまう傾向にあります。
昔の家には、ほとんどがもう一軒家が建つくらいの広い中庭があります。

そこで、平屋を倒し、ガレージを地下につくったり、2階建てにしたりと、限られた土地に、2軒あるいは3軒の組み立て式の家を建て、土地所有者が、1軒は自分が住み、他の家を貸してそこから収入を得られるように建て替えるのです。

ですから、最近では、オーストラリアで、庭の付いた平屋一戸建ての家は、減る傾向にあるんですよ。

国際結婚のあるある話

オーストラリアは多国籍国家ですから人種の違うカップルはそれほど珍しくないのですが、日本に帰ってオーストラリア人の夫を連れていると、やはり目立ってしまうものです。 続きを読む

豪邸を買い占めるリッチな中国人たち

私たちはマイホームを探していましたので、週末は必ずといっていいほど、どこかれ催されるオークションに行っていました。6

ある時、ある家のオークションに行った時のことです。
その家は、19世紀末に建てられたビクトリア様式の『御屋敷』でした。

あまりの由緒ある立派な建物なだけに、政府も介入してのオークションでした。
普段見ることのできない中庭が見られるというので、私たちは、買う気もお金もないのに、そのオークションに参加。

しかし、考えることは皆同じようで参加者のほとんどは野次馬で庭は埋め尽くされていました。

この御屋敷、本当にすごいんですよ!
中庭なんてものではなく、敷地内にプールはもちろんのこと、自家農園があったり、テニスコートがあったり。そして、一体の景色がパノラマ状態で一望できて、まるでちっちゃいベルサイユ宮殿みたいなんです!

さて、一体どんな人が、この家を競り落とすのかが気になります。
ベルの音がなり、エージェントの一人がオークションの始まりの合図を促すと、野次馬たちは、なるべくエージェントと目が合わないように後ろの方に下がります。

一方で、この家に興味のある人たちは、前でなるべくエージェントに見えるところへ移動して待機します。
面白いですよね。この違い!

いきなり底値が『200万ドル』から始まったこのオークション。
私なんか、夫に「動いたり、頭をかいたりしたらエージェントに値段をつけられるから、絶対に動くなよ!」って言われていたぐらいですもん。

すごい勢いで、競り合いが始まったんです!

そして、とうとう400万ドル台に入ったところで、急に静まりかえったんです。
私は、てっきりこれで値がついたと思ったのですが・・・。

その時、エージェントの一人が、ある人のところに近づいて耳元で何かを伝えたんです。

その人は、このオークションの間、携帯電話を耳に当てたまま、一言も競り合いに参加しなかった中国人です。
その中国人は、その時初めて携帯電話を耳から離し、エージェントを見て頷きました。

すると、エージェントは「今、この家は、500万ドルで競り落とされました!おめでとうございます!」と叫んだんです!どうです?この余裕!
このように、今、オーストラリアでは、豪邸が中国のリッチな人たちに買い取られていくケースが多いんですって。

嫌いな人は、ちょっと自分に似ている不思議!

ある偉い人の名言で『嫌いな人は、ちょっと自分に似ている』とあるのですが、納得だなぁと思っています。433bba12a9f576913d6168399d78b31a_s

私と似たところがあるために付き合いが上手くいかない身近な人・・・それは、義理の弟と義理の妹です。

まず、義理の弟は38歳の今でも独身。
定職につかず70歳を過ぎた両親に衣食住を頼り、国の生活援助金で日々の生活を送っているからです。

決して学歴がないわけがありません。
なぜなら、アジアへの留学経験が豊富で日常会話程度なら、中国語、日本語、韓国語を話せるオーストラリア人です。

しかし、彼の行動からは仕事をして『社会に貢献する』という意識がまるでないように見えます。
なので、仕事が続かない。

一番長く続いた仕事は中国の上海で働いたホテル業2年。
ただしそこでの彼は外国人だからと周りから甘めに評価されていただろうし夜勤シフトであったため、結構、楽をしていたんじゃないかしら。

もちろん、そんな彼ですから地元オーストラリアに戻り一流のホテルで働こうと応募しても履歴書のキャリアがなんとも薄いと断られる始末。
それに、その年齢で皆が求めるのは管理職であって、誰でもできる簡単なポジションなら会社側も若手を使いたがるんですよね。

まあ、こんな彼を彼の両親が見捨てることなく世話をしているところも歯がゆく、この役目が後々、子供のいない私たち夫婦に移るのではないかとヒヤヒヤしています。

夫は、実の弟ですから嫌だとは言わないでしょうけど、私はこんな人のお世話はできませんね。

さて、義理の妹の話です。
こちらは義理弟と正反対。

社会的地位も収入も高いキャリアウーマンで、36歳の女盛り。
しかし、性格が難しい人なんです。

とにかく、他人に対する評価が厳しく、私に至っては、嫁いだその日から、いじめの対象にされ続けています。
その上、最近では、1年近く同棲していた彼氏と別れたため、ますますご機嫌が斜めになってしまって・・・身内は大変です。

が、そんな彼女にも表の顔はあって、会社や同僚に見せる顔は身内に見せる顔とは全然違うのだとか・・・
だから、仕事では成功しているんですよね。

さて、私は、この二人のあるところが嫌で、でもそこがちょっと自分に似ていると感じているんです。
どこが似ているのか・・・それはご想像にお任せします。