オーストラリアは多国籍国家ですから人種の違うカップルはそれほど珍しくないのですが、日本に帰ってオーストラリア人の夫を連れていると、やはり目立ってしまうものです。

9

この前も、ホリデーで日本に帰った時、電車の中でも道でもお店の中でも、どこでもみんなの視線を感じます。
でも、私もかつてはその一人だったかな。

何を隠そうその昔、電車の中で流暢に英語で話す日本人と外国人のやり取りを見て「英語を話せるようになれたら、かっこいいな〜。」と思って留学を決めたのは、この私ですから。

さて、ここからは国際結婚したカップルのあるある話を、少しご紹介。
私たちは京都が大好きで、よく寺院を巡るのですが、寺院に行くまでの道を通りすがりの人に聞くと、いつも「あなた、日本語が上手ですね。」と言われるんです。

私は日本人ですし、どう見てもアジア人の顔なんですが、夫と英語を話していることから、英語を話す外国人と思われるんですね。
でもちょっと面白いんで「はい、ありがとうございます。」って返事したりしちゃいますけど。

それから、寺院で入館料とともにもらえるパンフレットが、日本語版以外で渡されることがあります。
夫は西洋人ですから英語版、でも私はアジア系なので、英語版でもなし、でも日本語版でもなし、適当に韓国語版か中国語版なんかを受け取ったりします。

しかし、これでは英語版よりも難解なので、結局、夫のパンフレットで解説を読む羽目になったりします。
あとは、外国人旅行者によく声をかけられます。

なぜなら、外国人旅行者は一般の日本人が英語を話すのがあまり得意じゃないことを知っているので、私は英語で日本のことを聞くのに打って付けなんです。

以前も、JR線でタイから来た若い女の子たちに声をかけられ、新神戸駅の行き方を聞かれました。
確かに、確認しないと神戸駅と間違いやすい新神戸駅です。

それに、途中の乗り換えが複雑です。
ですので、図解とともに解説しましたが、こんな風に誰かの役に立つのは嬉しいものです。

夫の妙な行動も面白いんです。
例えば、デパートで店員さんがとても丁寧なお辞儀をしてお客さんを迎え入れるとき、日本人なら素通りするところを、彼は丁寧にお辞儀を返すんです。

店員さんは、笑ってしまっていますが、とても温かい気持ちになっているはずです。
と、こんな風に、国際結婚の醍醐味は、特に日本の帰国どきによくありますね。